最新情報

                                                           卖米
作者:飞花
  天刚蒙蒙亮,母亲就把我叫起来了:“琼宝,今天是这里的场,我们担点米到场上卖了,好弄点钱给你爹买药。”
  我迷迷糊糊睁开双眼,看看窗外,日头还没出来呢。我实在太困,又在床上赖了一会儿。
  隔壁传来父亲的咳嗽声,母亲在厨房忙活着,饭菜的香气混合着淡淡的油烟味飘过来,慢慢驱散了我的睡意。我坐起来,穿好衣服,开始铺床。
  “姐,我也跟你们一起去赶场好不好?你买冰棍给我吃!”
  弟弟顶着一头睡得乱蓬蓬的头发跑到我房里来。
  “毅宝,你不能去,你留在家里放水。”隔壁传来父亲的声音,夹杂着几声咳嗽。
  弟弟有些不情愿地冲隔壁说:“爹,天气这么热,你自己昨天才中了暑,今天又叫我去,就不怕我也中暑!”
  “人怕热,庄稼不怕?都不去放水,地都干了,禾都死了,一家人喝西北风去?”父亲一动气,咳嗽得越发厉害了。弟弟冲我吐吐舌头,扮了个鬼脸,就到父亲房里去了。只听见父亲开始叮嘱他怎么放水,去哪个塘里引水,先放哪丘田,哪几个地方要格外留神别人来截水,等等。
  吃过饭,弟弟就找着父亲常用的那把锄头出去了。我和母亲开始往谷箩里装米,装完后先称了一下,一担八十多斤,一担六十多斤。
  我说:“妈,我挑重的那担吧。”
  “你学生妹子,肩膀嫩,还是我来。”
  母亲说着,一弯腰,把那担重的挑起来了。
  我挑起那担轻的,跟着母亲出了门。

広島県華僑華人総会主催 西日本教育研究会共催 第七回中日文化講演会

後援 中国在大阪総領事館 公益財団法人広島平和文化センター 

広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻 NPO法人世界

協賛 青島ビール日本総代理店

外国語教育の新しい試み

主な内容は以下の3点、①「外国語教育はなぜ必要なのか」について、より高い視点から個人なりにその答えを提示してみたい。②「音声練習の学習過程を記録できる中国語課外学修支援システムの開発と利用」を紹介しながら、インターネット時代では、いかにツールを利用して効果的に教える(学修する)か、一緒に考えてみたい。③「コンピュータ適応型中国語テスト」を紹介した上、言語テストのこれまでとこれからという話をする。

講師:侯仁鋒 県立広島大学特任教授

大連外国語大学日本語学部卒、北京外国語大学日本学センター修士課程修了。東京学芸大学中国語非常勤講師、西安交通大学日本語学部教授、県立広島大学教授を経て現職。

今年の2018年まで、足かけ40年、中国と日本の大学の教壇で一貫して教育活動に重きを置きつつ、研究研鑽を続けてきた。

著書として、専門書、日本語教科書、辞書、翻訳書、参考書などが、20数部も上梓され、一部は現在も愛用されている。

 研究においては、日中言語比較を研究基盤として、関係論文を50本発表したが、何より研究中心は言語テストであり、言語テスト理論及びその実践について、考察論文を多数発表し、この分野の研究助成金を3回(民間1回、科研2回)獲得し、その中で研究代表として研究開発したWebにおける「コンピュータ適応型中国語テスト」(www.c-cat.top)は、運用を始め、新しいタイプのテストとして、斯界をリドーしながら、着実に中国語教育に寄与している。

開催日:2018年5月19日(土)

開催時間:15:30-17:30(受付は15:10から)

場所:広島大学東千田キャンパス共用講義室(広島市中区東千田町1-1-89

お問い合わせ電話:070-5673―7888 (盧 濤 研究室)

お問い合わせメール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

申込:申込不要

料金:無料

我会代表应邀出席“NPO法人世界”定期例会并做演讲

广岛县华侨华人总会供稿

    2018年3月23日下午,“NPO法人世界”在广岛市内举行定期例会暨特别演讲会。广岛县华侨华人总会会长、广岛大学社会科学研究生院卢涛教授应邀出席并作了题为《应当如何理解中国》的演讲。来自广岛、九州、东京等地区30余名有关人员参加了本次活动。

    演讲开始之前,“NPO法人世界”中田选理事长(原广岛县议员)首先通报了该法人的近期活动,强调该法人的工作重点在于促进日中友好往来、提供环境技术、带动汽车产业的健康发展及增强会员间的互助交流。众议院议员齋藤铁夫秘书稻田隆则、众议院议员平口洋秘书一濑晃一郎、广岛县议员中原好治、广岛市议员丰岛岩白、广岛神乐艺术研究所理事长林秀树、广岛县议员绪方直之等也先后讲话。“NPO法人世界”贝川健一会长(原中国电力副社长)在演讲后作了总结发言。日本大学教授、东日本汉语教师协会吴川会长也前往参会并致辞。

卢涛会长根据近些年在汉语课堂搜集到的材料,介绍了日本大学生对中国的间接体验及其认识的实际情况,指出今后加深中国理解所应解决的问题及其可能性。演讲由1)“知识中的中国”、2)“文艺作品中的中国”、3)“新闻媒体中的中国”、4)“中国外的中国”四部分组成。卢会长的结论是,1)日本大学生对中国的理解尚停留在表面和局部的认识水平上,克服表面认识所带来的问题是今后包括中国认识在内的跨文化教育的中心课题;2)知识水平上的中国认识能力有一定的弱化倾向,而来自所谓直接经验的中国认识亦有失偏颇;3)更多地引导文学艺术作品的阅读与欣赏是提高中国认识的重要手段;4)克服新闻媒体的误导是纠正对中国错误认识的关键之所在;5)日本或其他国家日常生活中的中国文化体验亦有助于对中国的理解,但不能将这种“本土化”了的中国文化与大陆的中国文化等同起来。卢涛会长的演讲引起了参会者的浓厚兴趣,为加强中日相互理解提供了积极的参考。

    “NPO法人世界”成立于2004年。其目的在于促进艺术文化振兴、国际交流、环境技术研发、人才培养、继承世界遗产等事业,为维护和平、保障健康生活作贡献。该法人近年来积极开展与中国政府有关部门和企业等的交流与合作,为日中民间企业尤其是中小企业的经济技术合作牵线搭桥,为促进广岛地区及其它地区的日中友好作出了贡献。

 

图片说明:

 

中田选理事长讲话

稻田隆则先生发言

一濑晃一郎先生发言

中原好治先生发言

丰岛岩白先生发言

林秀树理事长发言

绪方直之先生发言

卢涛会长在演讲

吴川教授致辞

贝川会长致辞

演讲会会场

広島県華僑華人総会2017年活動報告

   广岛县华侨华人总会 会长 卢涛

在大阪总领馆的指导和关怀下,在广大同胞和友人的理解和支持下,广岛县华侨华人总会于2010年12月12日正式成立。七年来,我们经历过困难和挫折,但在有关部门、团体、同胞和友人的帮助下,我们努力实现建会宗旨,在力所能及的范围内积极展开相关的活动。在此,向各位朋友汇报一下2017年的活动。

(一)总会主办、协助活动

・主办第六届中日文化演讲会(12月)(图1)

・协助日本华文文学笔会“中国文化讲座”(7月)

・协助札幌大学孔子学院“中国系列讲座”(7月)

・协助中日翻译家协会学术交流联谊会(9月)(图2)

・协助冈山商科大学孔子学院“汉语教学研究会”(10月)

・协助广岛商工会议所“广岛夕学讲座”(11月)

・协助中部日本华侨华人妇女联合会读书会演讲(12月)(图3)

・协助福山大学孔子学院“汉语演讲比赛”(12月)(图4)

(二)总会理事访问活动

・访问维也纳大学孔子学院(2月)

・访问大连外国语大学教务处并做演讲(5月)

・访问剑桥大学丘吉尔学院(6月)

・访问大连民族大学外国语学院并做演讲(9月)

・访问西安外国语大学日本文化经济学院并做演讲(9月)

・访问陕西师范大学外国语学院并做演讲(9月)

・访问大连大学日本语言文化学院(10月)

・访问大连外国语大学日本语学院(10月)

・访问大连外国语大学汉学院并做演讲(10月)

・访问苏州大学外国语学院并做演讲(11月)

・访问东南大学外国语学院(11月)

(三)总会理事受邀参加活动

・出席第二届汉字文化圈华语教学专题研讨会并发言(2月)(图5)

・出席欧洲汉语教学协会首届国际研讨会并发言(2月)

・参加日本华文文学笔会赏樱会(4月)

・参加东京华侨总会春季一日游活动(4月)(图6)

・参观中国民族书画艺术展(3月)

・参观“第50回 世界を語る朝食会”(3月)

・观看新潮剧院京剧班汇报演出(4月)

・出席东亚文化交涉学会第九届国际学术大会并发言(5月)(图7)

・参观“大墨开元・同息文明”大禅艺术世界巡回赏展(6月)

・出席日中人文社会科学学会第十五届学术会议并发言(6月)

・出席英国汉语教学研究会第十五届国际研讨会并发言(6月)(图8)

・出席中日友好特别纪念公演·田汉聂耳音乐会(7月)

・参加影片《纯爱》上映十周年庆贺纪念活动(8月)

・出席第九届汉日对比语言学国际研讨会及常务理事会并发言(8月)(图9)

・参观听雨楼第三次东京艺术展“三贤书道”展(9月)

・参观中国景德镇陆如师徒陶瓷器・书画作品展(9月)

・出席中国日语教学研究会江苏分会2017年年会(11月)

・出席“NPO法人世界”成立十五周年庆贺晚会(12月)(图10)

(2018年1月)

 

  由广岛县华侨华人总会主办的“第六届中日文化演讲会”于2017年12月23日下午在广岛大学东千田校区举行。广岛大学国际协力研究生院张峻屹教授作了题为《市民生活行为学面面观(市民生活行動学への招待)》的演讲。

    本届演讲会由西日本教育研究会协办、中国驻大阪总领事馆教育室、公益财团法人广岛市和平文化中心、广岛大学社会科学研究生院管理专业、NPO法人世界后援、青岛啤酒日本总代理赞助。广岛县华侨华人总会部分理事、会员、会友和中国留学生以及广岛县市政府、政党、友好团体有关人员和市民三十余人出席了演讲会。NPO法人世界中田选理事长、广岛大学社会科学研究生院管理专业主任星野一郎教授致辞。演讲会由广岛大学社会科学研究生院教授、广岛县华侨华人总会卢涛会长主持。

    张教授首先介绍了“市民生活行为学”的基本定义和内涵及其学术背景、研究经过、研究方法等,并在指出以往的各种公共政策(城市政策、交通政策、环境与能源政策等)的研究所存在的问题后,通过大量的调查统计结果,就“交通行为”、“能源消费行为”、“人口流动迁移”、“健康行为”等具体问题进行了深入浅出的解释,并利用相同的理论框架对中国的农民工问题进行了比较说明。张教授的独到见解和丰富的材料及解读引起了参会者的极大兴趣和互动。与会者纷纷表示,希望总会今后多邀请一些专家学者举行类似的活动,为包括留学生在内的广大同胞和日本友人提供更多的学习机会,促进中日间多领域和多层面的交流与合作。

    会后还在广岛中国料理店“膳仿”举行了新年晚会暨广岛县华侨华人总会忘年会。

张教授1966年出生吉林省,毕业于北京交通大学,获得广岛大学工学研究生院博士学位(工学)。张教授在城市、交通、环境、能源、观光等多个领域长期进行跨学科研究,在相关领域作出了极其重要的学术贡献。他是“市民生活行为学”的首创者,不仅用英日两种语言撰写了370余篇有审查学术论文,而且11次获得国际学会、期刊的优秀和最优秀论文奖,并多次主持日本学术振兴会等大型科研项目。张教授担任多个重要的国际学术刊物的审稿人和编委并兼任多个科研机构的客座教授等职,在国内外享有极高的学术声望。我们期待张峻屹教授在学术研究领域取得更大的进步!

    (广岛县华侨华人总会供稿/照片由广岛大学陈俊甫老师提供)

图片说明:

  1. 中田先生致词
  2. 张教授在演讲
  3. 星野教授致辞
  4. 广岛县议员中原先生谈感想
  5. 广岛同胞袁叶女士提问题
  6. 留学生赵同学提问题
  7. 听众在认真听讲
  8. 听众在认真听讲
  9. 向张教授赠送礼品
  10. 卢会长主持演讲会
  11. 部分参会人员合影留念
  12. 晚会祝贺演讲会成功

広島県華僑華人総会主催 西日本教育研究会共催 第回中日文化講演会

後援 中国在大阪総領事館教育室 公益財団法人広島平和文化センター 広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻 NPO世界

協賛 青島ビール日本総代理店

市民生活行動学への招待

   縦割り行政の弊害は先進国・途上国問わず普遍的に存在している。様々な理由で、異なる市民生活行動(労働、居住、移動、子育て・介護、教育、買物、余暇や観光など)の間に密接な関連性があり、ある行動の変化が他の行動に影響し、個々の行動を切り分けて個別に政策を講じることは望ましくない。張教授は、学際的な視点、部門横断的な視点に立って市民生活を真正面から捉え、社会基盤整備からより一般的な公共政策までの幅広い分野における縦割り行政の弊害を解消するための学問として、「市民生活行動学」を提唱している。今まで、交通行動学、生活科学、家政学、環境行動学、健康行動学、人間生活環境学、観光行動学など、市民生活を断片的に捉える学問はあるが、それを一体的に捉える学問がなかった。市民生活行動学とは、市民生活とそれに関わる諸事象を人間行動の視点から研究する学際的な学問のことである。本講演では、張教授が行ってきた様々な研究事例を通じて、この新しい学問について紹介する。

 

講師 張(ちょう)峻(しゅん)屹(きつ) 広島大学大学院国際協力研究科教授

 

   1966年中国吉林省生まれ。中国・北京交通大学卒業、広島大学大学院工学研究科から博士学位(工学)を取得し、同大学助手、都市・交通コンサルタント、欧州での客員研究員、広島大学大学院国際協力研究科准教授を経て現職。学際的なアプローチに基づき、都市、交通、環境・エネルギー、観光などの問題について研究する。市民生活行動学の創設者で、JSPS基盤研究(A)(一般)など多くの大型研究経費を獲得し、これまで370編以上(大多数が英文、SCI/SSCI論文60編以上)の査読付き学術論文を公表し、国際学会・雑誌などの最優秀論文賞などを11回受賞した。現在、20以上のSCI/SSCI 雑誌の査読委員、多くの国際雑誌の編集委員を務めている。

 

 

開催日:2011223日(

開催時間:15:00-17:00(受付は14:40から)

場所:広島大学東千田キャンパスA棟402室 (広島市中区東千田町1-1-89)

お問い合わせ電話:070-5673―7888 (盧 濤 研究室)

お問い合わせメール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

申込:申込不要

料金:無料

11月20日,由广市和平文化中心主“2016广市国交流与作日”活在广和平念公园及广中心隆重行。广市内多家间组织体、企参加了本次大型国交流活。有关部门负责人和体代表出席了开幕式并剪彩(1)。

广岛县华侨华会自2010年成立后每年都参加此,并参与组织和策划工作。今年是第六次参加个活动(图2)中日相互理解,此次会特广中国餐“美味轩”共同参加活,展示中国食文化。美味轩的麻团和大混沌(3)的独特朋友们赞口。广岛县华侨华会(会长卢涛)划明年以更多的形式参加广市国交流与作日活

当天,广岛县华侨华会会友西本先生和队友演出舞蹈,其精彩的表演也引起了观众浓厚兴趣4)。

(广岛县华侨华会供稿

<第11回「広島日中クラブ」>      2016年10月

2010年2月24日発足)

「共同通信」客員論説委員・岡田充氏の話を聞く集い

「中国船は、魚をとりに来たのか、島をとりに来たのかー東海の真相」

                        主催/「広島日中クラブ」

後援/(一社)国際企業交流会                           

 日中関係は、

4月末の岸田外相訪中による日中外相会談、

   由广岛国际中心举办的2014年度广岛国际交流加盟团体总会暨交流会于6月10日晚在广岛市内举行。广岛县内国际交流团体、机构和有关行政部门代表及个人50余人参加了本次活动。广岛县华侨华人总会会长、广岛大学卢涛教授应邀参加了本次活动。

    会议首先介绍了总会新年度的主要领导成员。广岛经济大学教授上田女士任议长,广岛和平文化中心理事长小沟先生和广岛国际中心专务理事兼事务局长安田先生任副议长。会议听取并通过了上一年度的工作报告和本年度的工作计划。

英文原文:

You say that you love rain,

but you open your umbrella when it rains...

You say that you love the sun,

but you find a shadow spot when the sun shines...

You say that you love the wind,

But you close your windows when wind blows...

This is why I am afraid;

You say that you love me too...

 

 

普通版:

你说你喜欢雨,但是下雨的时候你却撑开了伞;

你说你喜欢阳光,但当阳光播撒的时候,你却躲在阴凉之地;

你说你喜欢风,但清风扑面的时候,你却关上了窗户。

我害怕你对我也是如此之爱。

文艺版:

你说烟雨微芒,兰亭远望;

后来轻揽婆娑,深遮霓裳。

你说春光烂漫,绿袖红香;

后来内掩西楼,静立卿旁。

你说软风轻拂,醉卧思量;

后来紧掩门窗,漫帐成殇。

你说情丝柔肠,如何相忘;

我却眼波微转,兀自成霜。

诗经版:

子言慕雨,启伞避之。

子言好阳,寻荫拒之。

子言喜风,阖户离之。

子言偕老,吾所畏之。

 


离骚版:

君乐雨兮启伞枝,

君乐昼兮林蔽日,

君乐风兮栏帐起,

君乐吾兮吾心噬。

 


五言诗版:

恋雨偏打伞,爱阳却遮凉。

风来掩窗扉,叶公惊龙王。

片言只语短,相思缱倦长。

郎君说爱我,不敢细思量。

 


七言绝句版:

恋雨却怕绣衣湿,喜日偏向树下倚。

欲风总把绮窗关,叫奴如何心付伊。

 

 

七律压轴版:

江南三月雨微茫,罗伞叠烟湿幽香。

夏日微醺正可人,却傍佳木趁荫凉。

霜风清和更初霁,轻蹙蛾眉锁朱窗。

怜卿一片相思意,犹恐流年拆鸳鸯。

 

 

是否能偶尔静下心来品味一下汉语带给我们的不一样的感动?

 

 

广岛县华侨华人总会成功举办第三届中日文化演讲会

    广岛县华侨华人总会主办的“第三届中日文化演讲会”于2014年5月31日下午在广岛大学东千田校园举行。大连大学文学院院长李索教授作了题为《汉字结构与中国传统文化》的演讲。大连大学日本语言文化学院副院长林乐常教授做翻译。

広島県華僑華人総会主催 西日本教育研究会共催 第回中日文化講演会

                                        後援 中国在大阪総領事館教育室

                                                    公益財団法人広島平和文化センター

                                                    広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻

 

漢字の構造と中国の伝統文化

 

漢字は中国文化の至宝であり、時空を超えて漢民族の悠久な歴史を記録し、中国五千年の文明を伝えた。そして、日本語、朝鮮語の文字にも大きな影響を与えた。中国語を記録する書き言葉として、漢字は表意性があり、また、漢字の構造から見れば、明らかに古代の思想、文化の影響が見られ、文化の要素が充満している。

今回の講演は、文化の視点から、漢字の甲骨文、金文、篆書の字形に隠されている中国の伝統文化情報を分析したいと思う。講演内容は下記の3つの部分からなる。

一、漢字の性質、起源、字形と意味の関係、構造の特徴、及び理論根拠を簡単に紹介する。

二、漢字の甲骨文、金文、篆書の字形に隠されている古代人の衣食住、交通、民族、礼儀などの中華伝統文化情報について分析し説明する。

三、現在における中国古典名作の間違った読み方と解釈について考え、漢字の字形と意味との関係、及び文化特徴を理解することは、古典名作を正確に理解し、素晴しい伝統文化を広げるために、重要な意味がある。

師 大連大学 李 索(リ サク)教授 

19548月、中国河北省石家庄市生まれ

中国四川大学漢語言文字学博士

大連大学文学院院長・教授、漢語言文字学学科長

遼寧省大学教育模範教師

中国教育部第一回「中国大学公開講座」講師

中国国家社会科学基金同行評議専門家

教育部学位と院生教育評価専門家

遼寧省哲学社会科学政府賞審査委員

中国修辞学会理事

遼寧省語言学会副会長

 

開催日:201431日(

 

開催時間:15:30-17:00(受付は15:00より)

 

場所:広島大学東千田キャンパス共用講義室 (広島市中区東千田町1-1-89

 

お問い合わせ:電話番号082-542―7083 (盧 濤研究室)

 

申込:申込不要

 

料金:無料

 

 

 

中国国家京剧院广岛演出圆满成功

    2014年5月12 日下午和晚间,作为访日巡演的第3站演出,中国国家京剧院的表演《梅兰芳艺术特选》在广岛市文化交流会馆成功举行。容纳两千观众的剧场座无虚席,独具中国文化特色的高超表演技艺深深地打动着全体观众,观众不时为由李胜素、于魁智、江其彪、张威、陈国森、刘魁魁等国家一级演员领衔主演的《霸王别姬》和《凤还巢》的精彩表演响起热烈的掌声。受广岛创价学会的邀请,广岛县华侨华人总会部分成员及多位同胞观看了本次演出。

   本次巡回演出由财团法人民主音乐协会(简称“民音”)组办,计划5月9日至7月3日在日本30多个城市演出近50余场。巡演是为纪念“民音创立50周年”、“梅兰芳诞辰120周年”而举办的。财团法人民主音乐协会小林启泰代表理事、中国人民对外友好协会李小林会长、中国驻日本大使馆程永华大使为巡演发来了贺词。

    中国国家京剧院1955年成立,梅兰芳先生任第一任院长,集聚了李少春、袁世海、叶盛兰等多名誉满国内外的著名京剧表演艺术家。建院60年来,共上演500多个剧目,其中40多个节目曾获得国内外100多个奖项。中国国家京剧院不仅在全国各地大量巡演,而且还在世界五大洲50多个国家多次巡演,为展示中国文化、促进文化交流、加强国际友好作出了特殊的贡献。

 

広島県華人華僑総会2013年活動報告

   广岛县华侨华人总会2013年活动报告如下。

总会主办活动

举办第二届中日文化讲演会

举办第二届中国美术摄影作品展

举办2013年活动公开汇报展

组织第三次和平纪念公园清扫活动

中文图书赠送活动

总会理事访问活动

再次大连侨联

访问宁夏外事侨务办公室

总会理事参观活动

  观看朝鲜歌舞演出

  观看中国沈阳杂技团广岛演出

  参观旅日画家吴之东绘画作品展

参观美术家范叔如美术班“墨林会”水墨画展

参观书画家马仁武“书苑漫步”个展

参观书画家王海滨美术班“墨韵会”作品展

观看姜晓艳&二胡音乐院第8次二胡合奏音乐会

参观广岛国际书艺交流展

参观“反核武器展”

总会理事受邀参加活动

参加“广岛日中俱乐部”第七次讲习会

参加“NPO法人世界”欢迎中国人民争取和平与裁军协会代表团晚宴

参加大连大学第五届中日韩日本语言文化研究国际研讨会

参加日中友好庆祝活动

出席“多元文化共存”研讨会

出席韩国“国庆日”招待会

<第8回「広島日中クラブ」>         2014年5月

2010224日発足)

白西 紳一郎・日中協会理事長の話を聞く集い

                        主催/「広島日中クラブ」

後援/国際企業交流会(石井泰行 会長)                           

「広島日中クラブ」は、(社)日中協会の呼び掛けに応じ「日中両国の友好促進と中国情勢の勉強を官民で実施し、政治、経済、文化、教育の各分野での交流の架け橋として、両国民の相互理解と信頼関係の進化・発展を目指す」ことを目的に世話人の協議の下に運営しています。

 今回、第8回の勉強会を開催する事になりましたので、ご案内申し上げます。

 現在の日中関係は、残念ながら、<尖閣諸島>と<総理の靖国神社参拝>を巡り、政治的にも民間レベルでも非常に緊迫した状況が続いており、日中首脳会談が出来ない状況です。そこで、『なぜ、いま、日中首脳会談ができないのか』と題して、日中協会の白西理事長のお話を聞きます。

 日中協会は、今年に入って政府間対話が途絶え、あたかも安倍政権が「仮想敵国・中国」といわんばかりの状況の中で、<日中友好民間対話>を提唱して、中国人民対外友好協会、東京華僑総会、上海日本研究交流センターなどと、民間協力の友好対話を続けています。近く、創価学会、社民党などとの対話も行います。

「広島日中クラブ」は、講演に基づいた勉強会ですので、友人をお誘いのうえ、ご出席ください。

          

1、と き  2014年5月21日(水) 午後2時~4時

1、ところ  ホテルセンチュリー21広島 (2F「フォルザ」)

(広島市南区的場(まとば)町1-1-25 TEL/082-263-3111

(「広島駅」より<駅前大橋>を渡った左角)

1、会 費  2,000円(会場費・お茶・お菓子代)

1、挨 拶  河尻 清・「広島日中クラブ」世話人代表(広島県日中親善協会副会長)         

           

1、講 師  白西 紳一郎・日中協会理事長

(1940年生、広島市出身、京都大学卒業後、日本国際貿易促進協会に入り、19675月に初訪中。

1975年に日中協会の設立に参加し、2000年から理事長。今日まで47年間に約500回余訪中)

1、演 題 「なぜ、いま、日中首脳会談ができないのか」―これまでどういう約束があったのか

1、終了後  名刺交換

※現在の「世話人」は、広島市在住の河尻 清・榎並 毅・中村 博・大和(やまと)邦昭、尾道市の平谷信英・河本(かわもと)一志、東京都の白西紳一郎の各氏

※別紙で、ご出欠の返事は519()までFAX

 

本件連絡先   白西 TEL09040254820     FAX0338121694

         河本 TEL09010146233     FAX0848228029

         大和 TEL09041485709     FAX0825442767_

广岛中国近代史研究会第158次例会暨曾田教授新著研讨会在广岛举行

    2014318日下午,广岛中国近代史研究会第158次例会暨广岛大学名誉教授曾田三郎先生新著『中華民国の誕生と大正初期の日本人』(思文閣2013研讨会在广岛大学霞区校园举行。来自广岛大学和其它大学的中国史、日本史等领域的专家学者、研究生等共20余人参加了本次例会。

    本次例会由广岛大学综合科学研究生院水羽信男教授主持。学习院大学千叶功教授和广岛大学文学研究生院金子肇教授分别从日本史和中国史的角度对曾田教授的新著进行了全面评述。广岛大学综合科学研究生院布川弘教授也从日本史学的角度对曾田教授的新著加以解释分析。参会人员就三位学者的发言提出了许多问题,进行了认真的讨论和互动。曾田教授也对入会者所提出的问题作了解答。第一届广岛县华侨华人总会会长、广岛大学社会科学研究生院卢涛教授也出席了本次研讨会。

    曾田教授是研究成果颇丰的中国近代史专家,主要从事清末、民国初期的产业政策和商会、宪政史、政治史研究,著书、编著书多部,2012年3月从广岛大学文学研究生院退休。其新著『中華民国の誕生と大正初期の日本人』通过调查大量的翔实历史史料,记述了日本的媒体人、知识分子等对中华民国成立以及民国初期的宪政问题所作出的反应及所采取的行动,剖析当时的中日关系和相互认识,是分析处于大正这一特殊历史时期的日本人的力作。

    广岛中国近代史研究会成立于1982年3月,现在每年平均举办5次例会。该会为促进中国近代史、近代中日关系史的研究及培养相关研究领域的人才起到了积极的作用。

 

サブカテゴリ